スモービズ

WordPressをベースにしたアフィリエイト、Amazon出品、オークション等で稼ぐ!独学からはじめるスモールビジネス『スモービズ』

ヤフオクでトラブルになる出品の仕方はこれだ!!

      2016/06/26

yahooAuction01

ヤフオクでほしい商品を探しているときに、せっかく欲しい商品があるのに、なんとなくトラブルになりそうで、入札する気にならない商品って結構ありますよね。

 

そこで今回は、わたくしビズ男がほしい商品を探す際に、気になった「トラブルになりそうで、入札したくない出品商品」について取り上げてみました。

 

(1)商品は安いのに送料が異常に高い

一番買いたくないのがこれですね。もちろん、重量や大きさが高くなってしまうのは仕方ないので、そういった商品については許容できます。

 

しかし、明らかに送料が安く済むはずのものが「水増し」されていたり、価格設定を面倒くさがっているのか何でもかんでも「全国一律」で高額の送料設定にしているところが多いです。

 

今は、ネットでちょっと調べれば入札する側でも、ある程度大きさや重量を調べて送料を算出できます。小さな利益のために入札の機会損失を増大させるのはマイナス以外の何物でもありません。

 

(2)方向性の違う商品をセット販売している

たとえば、英語の参考書とロシア語の参考書をセットにして販売するような、方向性が異なるものをセットで販売している出品者をちらほら見かけます。しばらく、そういった商品をウォッチリストに入れてチェックしてみると、半年、1年たってもそのままということがザラです。

 

まあ、こういった出品商品は売れればラッキー程度で売っているのだとは思いますが、利益を追求するせどらーは、機会損失が一番痛いので、こういったところにも十分気をつけましょう。

 

英語とロシア語の両方に興味があるという人は0とはいいませんが、普通は英語を学習している人は英語の参考書を、ロシア語を学習している人はロシア語の参考書にしか興味がないので、この売り方だと「不用な書籍がくっついてくる=ゴミを買わされる」という感覚になり、またそのゴミの分だけサイズや重量が増えて「送料も高くなる」と感じて見向きもされなくなります。

 

入札者がどのような気持ちで商品を探しているのかを想定しながら販売することが重要です。

 

 

(3)明かにゴミでしかないものを売っている

 

私がオークションで買い物をするときに絶対に手を出さないのは、家電のジャンク品で、その中でも「ACアダプタ、電源、充電池」のような基本的に自己修理も難しいものは絶対に買わないようにしていますが、こういう商品がオークションではかなり出回っています。

 

動作する商品であればまだマシですが、壊れて使えないものを「ジャンク扱い」、「チェック環境がないため動作未確認」のようなコメントで堂々と販売しているのは、ただただ「すごいなぁ」と思います。

 

こういった商品を売っている人の評価を見ると悪い評価が多いのですが、それでも購入者が後を絶たないのですから、理解しがたいところがあります。

 

購入側からすれば、喉から手が出るほどほしい状況にあるので、「もしかしたら動くかもしれない」と思ってしまうのでしょう。

 

要らないものは、まずはオークションにかけてみるのが基本ですが、あきらかにゴミにしかならない商品は潔くゴミとして捨ててしまいましょう。

 

(4)詐欺臭い出品者

 

落札後にメールを送るので添付されているフォームに個人情報を記載して連絡をください」みたいな出品商品もあります。

 

ヤフオクでは取引ナビ上で取引を進めるように推奨しているので、それを無視してメールでやりとりを促すような出品者の商品は、落札後に個人情報をどんな形で悪用されるかわからないので、入札者は入札を控えてしまいます。

 

オークションに限らず、ある程度安定して売れ続けてくると、試行錯誤して取引のあった落札者の情報を活かして顧客管理やマーケティングをしようかという気持ちが芽生えてきますが、ルールを守った上で試行錯誤すべきです。

 

(5)取引ナビ(メッセージ方式)で対応する出品者

 

(購入する側からすると、いちいち文字入力してやり取りするのは本当に面倒なことです。落札者側に住所、氏名、電話番号などを先にフォームで書いて送れと言っておきながら、自分は個人情報を連絡してこないという出品者も結構います。

 

こういう出品者は発送されてくる小包にも名前や連絡先を書いてこないのがいるので、私の場合は送料がかかっても相手の個人情報が必ず記載されるゆうパックなどを指定します。

 

そして、こういった出品者とは二度と取引をしないようにしています。

 

 

私は、このように自分が購入者だったらどう思うかということを考えて出品するようにしていますが、情報商材などに手を出して高額な投資をしてしまった出品者は、目先の利益ばかりを血眼になって追及するあまり、出品者の気持ちを考えずに売りさばき、悪い評価が積もってアカウント停止になったりするんですよね。

 

長く商品を購入してもらうためにも、サービスに関しては多少の支出は目を瞑って、長期間利益を手にできるような環境にしていきたいものです。

 - ヤフオク