スモービズ

WordPressをベースにしたアフィリエイト、Amazon出品、オークション等で稼ぐ!独学からはじめるスモールビジネス『スモービズ』

WordPressインストール後の基本設定!

      2015/10/28

WordPressの基本設定

WordPressをインストールした後、すぐに行うべき基本設定について解説します。ここでは、WordPressの左サイドメニューにある[設定]にある各項目について設定していきます。

なお、解説については設定が必要な部分についてのみ解説していきます。

 

一般設定

一般設定を開くと以下のような画面が表示されます。

wordpress-basis01

 

「サイトのタイトル」

サイトのタイトルを入力します。SEOに関わる部分なので適切な語句を入力しましょう。

 

「キャッチフレーズ」

サイトの内容がわかるようなキャッチフレーズを入力します。こちらも、SEOに関わる部分なので適切な語句を入力しましょう。

 

「WordPressアドレス」

WordPressがインストールされたときのアドレス。WordPressのインストールと同時に自動的に出力されるので、何もしなくてOKです。

 

「サイトアドレス」

サイトのホームページをWordPressのインストールディレクトリとは異なるものにしたい場合に使用するので、通常は何もしなくてOKです。

 

「メールアドレス」

新規ユーザーの通知などサイト管理のために使われます。

 

「メンバーシップ」

たとえば記事を全文表示にしない場合、「続きを読む」と表示された部分をクリックすると全文表示されますが、その際にユーザー登録した人のみ続きを読めるようにしたい場合などに、このメンバーシップを設定するとアクセス制限ができます。

 

「サイトの言語」

サイトの言語は日本語に設定します。

 

投稿設定

投稿設定は、記事を投稿する際のルールなどを設定しますが、当サイトでは利用していないので省略します。

 

wordpress-basis02

 

 

表示設定

ここでは、サイトの投稿表示に関する設定やRSSの設定を行います。

wordpress-basis03

「1ページに表示する最大投稿数」

投稿された表示を1ページに何件表示するかを設定します。

 

「RSS/Atomフィードで表示する最新の投稿数」

RSS/Atomフィードで最新の投稿を何件分表示するか設定します。

 

「RSS/Atomフィードでの各投稿の表示」

RSSリーダーでフィードを受けた際に、記事全文を表示するか、抜粋記事を表示するかを設定します。

 

「検索エンジンでの表示」

ホームページやブログのページを多くの人達に見てもらうためには、googleなどから検索されることが重要ですが、検索されるためには、検索エンジンにサイトのページがインデックスされなくてはいけません。

しかし、他人にサイト全体を他人に見られたくないという人もいると思います。また、WordPressをインストールしたばかりで他人に見られる前に開設前の設定や準備をしたい場合、この項目にチェックを入れると、検索エンジンへのインデックスを回避できます。

 

ディスカッション設定

ディスカッションではコメントの投稿に関する設定を行うことができます。

wordpress-basis04

コメントを受け付けないようにする

「投稿のデフォルト設定」

新しい投稿へのコメントを許可する … チェックを外す

 

上記の設定をしてコメントの受付を拒否した場合、「他のコメント設定」から「コメントブラックリスト」までの設定は無効となるので設定不要。

 

メディア設定

アップロードした画像は、デフォルトでは「大」「中」「サムネイル」の3サイズのファイルが自動生成されます。

wordpress-basis05

例えば「大」サイズのファイルを自動生成させたくない場合は、上限サイズを0に変更します。

 

パーマリンク設定

パーマリンク設定では、記事を投稿する際の記事のURLの表記パターンをどうするか設定できます。

wordpress-basis06

WordPressを利用しているユーザーのサイトを見るとほとんどの人が「カスタム構造」で独自のカスタマイズをしています。

 


 - Wordpressブログ構築